堕姫と妓夫太郎は兄妹でかわいい!最期は死亡する?名前は梅毒から?過去・声優・血気術を解説【鬼滅の刃】

アニメ解説

鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴ごとうげよびはる先生による漫画作品です。主人公・竈門炭治郎かまどたんじろうが、鬼にされてしまった妹・禰豆子ねずこを人間に戻すために、鬼と戦うというストーリーとなっております。

2019年よりアニメ化もされており、2023年4月からは『刀鍛冶の里編』がスタートします。

そんな『刀鍛冶の里編』に繋がるストーリーの重要人物として挙げられるのは、前作「遊郭編ゆうかくへん」に登場した鬼である”堕姫だき”と”妓夫太郎ぎゅうたろう”です。

この2人の鬼をキッカケとして、『鬼滅の刃』のストーリーは新たな局面を迎えることになります。

そこで本記事では、堕姫・妓夫太郎の人物像・能力・最後はどうなるのか、その後のエピソードなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

堕姫・妓夫太郎のプロフィール

堕姫だき妓夫太郎ぎゅうたろうは、鬼の総大将である鬼舞辻無惨きぶつじむざんの直属の配下「十二鬼月じゅうにきづき 上弦じょうげんろく」にあたる鬼です。上から六番目の強さを誇る強敵です。

上弦の陸が2人がいる”といった奇妙な状態ですが、堕姫妓夫太郎は「実の兄弟」であり、「2人で1つの鬼」なのです!

ここでは、堕姫・妓夫太郎のプロフィールをご紹介し、人物像に迫ります。

せいや
せいや

それでは早速、堕姫と妓夫太郎のプロフィールを見ていきましょう!

スポンサーリンク

堕姫

名前:堕姫だき
人間の頃の名前:梅
吉原での名前:
蕨姫わらびひめ
身長:不明
体重:不明
年齢:不明
階級:十二鬼月 上弦の陸

武器:帯
声優:
沢城さわしろみゆき

堕姫は、正体を隠して遊女になりすまし、遊郭で人間を喰らう鬼です。

鬼ゆえに「老いる」ことがないため、正体がバレる前に他の遊郭へ移動しているものと思われます。劇中では、吉原の「京極屋きょうごくや」に潜伏していました。

源氏名には「姫」の字を入れるようであり、劇中では「蕨姫わらびひめ」という源氏名を使っておりますが、過去には「屋珠姫」と名乗っていたことも明かされております。

外見

外見は、花魁おいらんに選ばれるぼとの美しい容姿の持ち主であり、まさに絶世の美女と言ったところです。

普段は花魁の姿で黒髪をしていますが、鬼の姿となった時にはランジェリー風なデザインの帯に身を包み、ヘソを出しているなど現代的な攻めたファッションをしています。

露出が多く、胸も印象的であるため、目のやり場に困るキャラクターです。また、髪色も白をベースに先端が黄緑っぽくなり、ネギを彷彿とさせる点も特徴的です。

性格

性格は一言で言うと、ワガママ傲慢です。

かんさわことがあると物に当たり散らしたり、他の遊女に暴力を振るう・自殺に追い込むなど、性悪を通り越して常軌を逸します。

劇中では子供にも容赦せず、耳を千切れるくらいに引っ張るほどでした。

そして、イラ立ちがピークになると「首をかしげて下からにらみつける」といった独特の癖を持っています。

また、「美しいものは何をしても良い」という特殊な美意識を持っており、ブサイクなもの(我妻善逸など)をさげすんでいます。そのせいもあってか、美しい遊女以外の人間は食べようとしません。

一方で、上手くいかないことがあるとジタバタして泣きわめき、兄・妓夫太郎を呼ぶといった子供っぽい一面もあります。

スポンサーリンク

妓夫太郎

名前:妓夫太郎ぎゅうたろう
人間の頃の名前:妓夫太郎
身長:不明
体重:不明
年齢:不明
階級:十二鬼月 上弦の陸

武器:血の鎌
声優:
逢坂良太おうさかりょうた

妓夫太郎は、堕姫の兄にして「上弦の陸の本体です。

妹よりもはるかに強く、これまでに鬼殺隊の柱を22人(妓夫太郎が15人、堕姫が7人)を喰らった実力者です。

普段は、堕姫の身体の内部に隠れていますが、妹がピンチに陥った時のみ登場します。

~なぁ」という語尾が口癖で、力なくかすれた声が特徴的ですが、感情が高ぶると饒舌になり、顔にキズができるほど搔きむしってしまうという一面もあります。

外見

妓夫太郎の外見は、髪がボサボサ・顔がシミまみれ・体中に垢があるといった、麗しい美貌を持つ堕姫とは正反対です。

また最大の特徴は、お腹だけ異様に細くなっている体格です。胸板は厚い妓夫太郎ですが、「太れない体質」のため、骨や血管は浮き出るほど肉が付いていません。

しかし、それも相まって、不気味さと怖さがより引き出されているといえるでしょう。

性格

性格は、非常なまでに陰険いんけんです。これは、劣悪な環境で生まれ育ち、生き延びるために必死であったからこその性格であると思われます。

奪われる前に奪い、取り立て、人にされて嫌だった事、苦しかった事は人にやって返す』という哲学を有しており、それは堕姫にも受け継がれております。

また野心家でもあり、上に這い上がろうとする意志が強いため、鬼舞辻無惨から気に入られる要因となっております。

一方で、妹・堕姫に対しては美しい容姿を誇りに思っている様子が伺えます。

他にも、口では「お前は弱い」と蔑むことを言いつつも、内心では心配しており、実は絆の深い兄妹仲であると言えます。

スポンサーリンク

堕姫・妓夫太郎の血気術は?

ここでは、堕姫妓夫太郎の能力「血気術けっきじゅつ」についてご紹介します。

堕姫の血気術は帯

堕姫の血気術は「おび」です。

身体にまとっている帯を伸縮自在に操り、カッターのように硬化して打撃を繰り出します。複数の帯による攻撃で、相手に休む暇も与えないほどの連撃も可能です。

自分の身体を帯化することも可能です。劇中では、刀で首を斬られそうになったときは、首を柔らかい帯に変えることで、首の切断を回避していました。

また、帯鬼」と呼ばれる分身を作りだすことも可能で、遊郭で捕えた人間の捕獲と監禁に使用していました。

しかし、音柱・宇随天元うずいてんげんいわく「上弦の鬼とは思えない弱い」らしく、本当の強さは兄・妓夫太郎にあります。

スポンサーリンク

妓夫太郎の血気術は血鎌

妓夫太郎の血気術は、自分の血で作る鎌「血鎌ちがま」です。二刀流の鎌で技を繰り出します。

伊之助いわく、「かすったら即死レベル」の武器であり、妓夫太郎の剛腕から凄まじい威力の技が生み出されます。

妓夫太郎の「血鎌」技は次の通りです。

技名能力
飛び血鎌刃のような形をした血の斬撃。軌道は妓夫太郎の意のままに操ることが可能。
跋弧跳梁血鎌で形成する防御技。
円斬旋回・飛び血鎌飛び血鎌を広範囲に繰り出す奥義。螺旋状に形成することも可能。

そして、何より恐ろしいのは血鎌には「」が塗られているということです。毒は即効性はないものの、確実に死に至るほどの猛毒です。

つまり、妓夫太郎の「血鎌」は、触れたら一発アウトの超キケンな技といえます。

スポンサーリンク

連携プレーと急所の分散

妓夫太郎ぎゅうたろう堕姫だきの2人に分離している最大のメリットはコンビネーションによる連撃急所の分散です。

劇中では、宇随天元うずいてんげんの攻撃を受けそうになった妓夫太郎堕姫の帯によって防いでいます。

まさに「俺たちは二人で一人だからなぁ」という妓夫太郎のセリフがピッタリなコンビネーションです。

他にも妓夫太郎の眼の一部を堕姫に移すことで、お互いが離れて戦っていても相手の状況を把握できるようになっております。

そしてもう一つは急所の分散です。

妓夫太郎と堕姫を倒す条件は「同時に首を斬ることです。つまり、どちらか片方だけの首を斬っただけでは倒せないのです。

これが妓夫太郎堕姫の2人に分散している最大の特徴なのです!

スポンサーリンク

堕姫・妓夫太郎の過去は?

ここでは堕姫妓夫太郎が、人間だった頃の過去鬼になった理由について解説します。

堕姫の本名は梅毒から

妓夫太郎堕姫は、遊郭の最下層「羅生門河岸らしょうもんがし」に住む遊女から生まれました。羅生門河岸とは、病気や高齢の遊女で構成される遊郭を指します。

妓夫太郎は、生まれながらに容姿が醜かったため、酷い迫害を受け、怪物のように扱われます。

それだけでなく、「生きているだけで飯代がかかる」とされ、母親にも何度も殺されそうになるといった過酷な少年時代を生き抜いたのでした。

一方で、堕姫は人間の頃は「」と名付けられます。これは妓夫太郎によると「母親の病気から付けられた」と言われており、おそらく”梅毒”から付けられていると思われます。

羅生門河岸は、病気になったものが来る遊郭であるため、母親は性病を患ったため、羅生門河岸で妓夫太郎堕姫を産んだとみて間違いないようです。

ともあれ、妓夫太郎堕姫は辛い子供時代を二人の力で生き抜くことになります。

スポンサーリンク

2人が鬼になった理由

妓夫太郎の人生は、「」が生まれたことで一変します。は生まれながらにして容姿端麗で、容姿が醜い妓夫太郎の自信に繋がっていきます。

また、妓夫太郎も成長につれて腕っぷしが強くなり、借金の取立人として活躍するようになります。

しかし、順風満帆に進んでいくかに見えた2人の人生も、梅が13歳の時に再び一変してしまいます。

は遊女としての初めての仕事で、お客である侍の目をかんざしで突いて失明させてしまったのです!

これは、妓夫太郎に日頃から「奪われる前に奪え、取り立てろ」と教えていた結果でした。

は報復として生きたまま焼かれてしまいます。これを見た妓夫太郎は絶叫し、さらに報復として侍を鎌で殺します。

そして、妹を失ってしまいそうになる瞬間に妓夫太郎たちの前に現れたのが、上弦の童磨どうまだったのです。

こうして、妓夫太郎童磨の手引きによってと共に鬼になります。これが堕姫・妓夫太郎の鬼になった経緯です。

妹を助けるために他に手段がなかったとはいえ、貧困ゆえに取り立てられてきた分を取り立てるという「復讐のため、ということが鬼になった最大の理由でしょう。

スポンサーリンク

堕姫・妓夫太郎は最期死ぬ?

ここでは、堕姫・妓夫太郎の「最後はどうなるのか?」について解説します。

同時に首を斬られる

堕姫・妓夫太郎は、吉原に潜入した音柱・宇随天元うずいてんげん竈門炭治郎かまどたんじろう竈門禰豆子かまどねずこ我妻善逸あがつまぜんいつ嘴平伊之助はしびらいのすけと激闘を繰り広げます。

天元は唯一の倒す方法である「同時に首を斬る」を看破するも、妓夫太郎の猛烈な攻撃を前に全滅に追い込まれてしまいます。

余裕の勝利を確信した妓夫太郎は、同じく妹を持つ竈門炭治郎に対して「妹のために鬼になれ」と勧誘します。

しかし、その一瞬を突いた炭治郎の機転により、妓夫太郎と堕姫の首を同時に斬ることに成功しました!

これにより、妓夫太郎と堕姫は消滅してしまいました。

スポンサーリンク

共に地獄へ行く兄妹

首を斬られた妓夫太郎と堕姫は言い争いの口喧嘩になり、そのまま消滅してしまいます。

その後、妓夫太郎は何もない暗闇に居ることに気づき、あの世であると理解します。そして、地獄へ行こうとした際に堕姫に呼び止められます。

堕姫は人間の姿「」に戻っており、「妹は地獄へ行くべきではない」と悟った妓夫太郎は一人で行こうとしますが、堕姫妓夫太郎にしがみつきました。

妹の「絶対に離れない」という強い想いと感じ取った妓夫太郎は、そのまま堕姫を背負ったまま地獄へと向かいます。

妓夫太郎堕姫は、2人とも地獄へ行ったものと思われます。たとえ地獄だとしても離れることのない強い兄妹愛が感じられます。

立場も境遇も違いますが、炭治郎・禰豆子兄妹にも匹敵するほどの強い愛を感じる一幕でした。

スポンサーリンク

堕姫・妓夫太郎とその後

ここでは、堕姫だき妓夫太郎ぎゅうたろうが倒されたその後について解説します。

舞台は刀鍛冶の里へ

堕姫・妓夫太郎が倒されたことによって、113年ぶりに「上弦の鬼」が倒されるといった異常事態になり、鬼側にとっては激震が走ります。

上弦の鬼は鬼舞辻無惨きぶつじむざんによって召集され、堕姫・妓夫太郎が倒されたことを聞かされます。

そして、上弦の半天狗はんてんぐ上弦の玉壺ぎょっこは、鬼殺隊の拠点の1つ「刀鍛冶の里」を襲撃するに至ったのでした。

これが2023年4月よりテレビアニメ『刀鍛冶の里編』へと続く内容です。

スポンサーリンク

新・上弦の陸は獪岳

ここでは、「遊郭編」後の上弦の陸がどうなったのか、について解説します。

堕姫・妓夫太郎が倒されたことで、「上弦の陸」は『刀鍛冶の里編』以降も長らく空位状態となります。

しかし、鬼舞辻無惨との最終戦「無限城の戦い」にて、遂に新・上弦の陸が登場しました。

新・上弦の陸となったのは、我妻善逸あがつまぜんいつの兄弟子・獪岳かいがくです。

テレビアニメ版では、第1期「竈門炭治郎立志編」第17話にて、善逸の回想で一瞬だけ登場しました。

獪岳は鬼殺隊の剣士でしたが、上弦の壱・黒死牟こくしぼうと遭遇してしまい、生き延びるために甘んじて鬼になることを決めました。

そして、上弦の鬼がほとんどいなくなってしまった最終戦では、”穴埋め”として上弦入りを果たします。

あくまで穴埋めとして選ばれたため、実力が認められたかどうかは不明ですが、堕姫・妓夫太郎の後を引き継ぐことになりました。

最終戦で獪岳は、弟弟子である善逸と因縁対決を繰り広げることになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『鬼滅の刃』に登場する敵キャラクター、堕姫だき妓夫太郎ぎゅうたろうについてご紹介しました。

2人兄妹で1つの鬼であり、それぞれの血気術とコンビネーションを武器に攻撃してくる強敵です。また、同時に首を斬らなければ倒せないため、竈門炭治郎かまどたんじろうたちも苦戦を強いられました。

また、登場は「遊郭編」のみですが、その後の「刀鍛冶の里編」へと続くストーリーに重大な影響を与えた点から言っても、興味深いキャラクターです。

タイトルとURLをコピーしました